本文へジャンプ

現在の登録団体数

ただいまの登録団体数は・・・

536団体です。 

 個人会員382

新規会員登録

震災・災害関連情報

つなごう神戸リンク集

協賛・協力団体

日本政策金融公庫

住友ゴム

ブランチ神戸学園都市

神輝興産

真如苑

白鶴

賀川記念館

講師検索

イベント・サービス詳細

情報登録日:2021/02/08 11:58:37 最終更新日:2021/02/08 12:02:30

タイトル 「ひょうご・みんなで支え合い基金」第2次公募助成と説明会のご案内
団体名 公益財団法人ひょうごコミュニティ財団
提供分野 福祉 NPO等への支援 その他

提供エリア

兵庫県
募集開始日 2021/02/08
募集締切日 2021/03/10
参加費用 なし

プロジェクト詳細

「ひょうご・みんなで支え合い基金」第2次公募助成のご案内
(募集要項:https://hyogo.communityfund.jp/sasaeai/wp-content/uploads/2021/02/youkou_2ji.pdf)
当財団では、コロナ禍で苦しむ人たちを支えるための「ひょうご・みんなで支え合い基金」を県下の皆さまとともに設立し、このたびその第2回目の公募助成を開始することとなりました。
コロナ禍の中、ともに支え合う社会を作っていく活動を応援させていただきたいと思っています。
詳細は募集要項をお読みいただき、応募をご検討いただけると幸いです。

https://hyogo.communityfund.jp/sasaeai/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/dai2kai_boshuu/

また、オンラインの募集説明会を開催しますので(後記)、応募を検討される方はぜひご参加ください。

◆趣 旨
 「ひょうご ・みんなで支え合い基金」は、新型コロナウイルスの感染拡大により困っている人たち ~とりわけ、子ども、女性、外国人、障がい者、高齢者、若者、就労困難者など~ への支援活動を支えるために設立されました。
 新型コロナウイルスは、社会のすべての人の暮らしに甚大な影響を及ぼしていますが、中でも普段から立場の弱かった方へのしわ寄せが大きくなり、それらの方々を支える市民や住民による支援活動もまた様々な困難を迎えています。
 そのため本基金では、「新型コロナウイルスによって一層厳しい状況に追い込まれる人を支える市民活動を、資金面で支える」、「支え合いの社会を作ってきた市民活動が、さらに継続、発展していくようにその基盤を支える」ことを目的とした助成金の公募を行います。

【募集期間】
  2021年2月8日(月)~ 3月10日(水)必着

 【募集コース】
 <A.活動助成コース>
  「新型コロナウイルスの影響を受けた人々や地域を支援するための事業」が助成対象となるコースです。
 <B.持続支援コース>(新設)
  団体の存続が危機に瀕している中小規模の団体向けの「存続そのものを支援する」コースです。 

 【助成額(総額250万円)】
  A.活動助成コース 20万円(上限) 
  B.持続支援コース 30万円(上限)

 【対象団体】 
  兵庫県内で活動している市民活動団体・ボランティア団体・NPO/NGO、地域活動団体等
   ※メンバーが原則5名以上であること。
   ※団体の設立年は問いません。
   ※営利を目的とする事業は対象になりませんが、法人格は問いません。
   注)「Bコース」には追加の資格条件がありますので募集要項をご確認ください


【オンライン説明会の開催】
  下記の2回、オンラインにて募集の説明会を開催します。ご応募をご検討の団体はぜひご参加ください。 

<日時>  ① 2月16日(火)14:00~15:30
      ② 2月18日(木)19:00~20:30
 
<申込み> 下記からお申し込みください、受付後zoom URLをご案内します
      ⇒ こちらからお申し込みください https://forms.gle/4RrBysg6Sr3um8v68

提供団体からのメッセージ

◆問い合わせ先 公益財団法人 ひょうごコミュニティ財団
         TEL:078-380-3400(月?金 /10:00~17:00)
         FAX:078-367-3337
         E-mail:hyogo@communityfund.jp
         担当:奥田、永田、実吉
         HP: https://hyogo.communityfund.jp/
            https://hyogo.communityfund.jp/sasaeai/(支え合い基金)

講師コンタクト

このページのトップに戻る