本文へジャンプ

現在の登録団体数

ただいまの登録団体数は・・・

530団体です。 

 個人会員375

新規会員登録

震災・災害関連情報

つなごう神戸リンク集

協賛・協力団体

日本政策金融公庫

住友ゴム

ブランチ神戸学園都市

神輝興産

真如苑

白鶴

賀川記念館

講師検索

イベント・サービス詳細

情報登録日:2020/10/09 16:21:50 最終更新日:2020/10/09 18:30:39

IAPK vol.5 AR WS

タイトル Interdisciplinary Art Project Kobe 2020
団体名 Interdisciplinary Art Project Kobe
提供分野 まちづくり 文化・芸術

提供エリア

中央区
募集開始日 2020/10/09
募集締切日 2020/11/03
参加費用 予約1プロ1,200円/予約3プロ通し券2,800円/当日1プロ1,500円
※各回定員20名 (予約受付先着順)
AR WS 参加費2,000円
※定員10名 (予約受付先着順)

プロジェクト詳細

2020年10月24日(土)・25日(日)・31日(土)
元町映画館、元町商店街4丁目の協力店舗
Interdisciplinary Art Project Kobe(インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ)5回目となる今回は、2日間の拡張現実(AR)で見るショートムービー制作ワークショップと1日映像上映プログラムを開催します。写真を専用アプリで読み取ると、まるで写真が動き出すかのようなARの映像を、俳優2名とともにディスカッションしながら1つの作品をつくります。制作した作品は、10/25(日)のワークショップ終了後から11/3(火祝)まで元町商店街4丁目の協力店舗で展示します。
次週は、中短編映像作品が、9時間半ほぼぶっ通しで洪水のように上映される映像、秋の祭典!IAPK 2020 vol.5 映像上映プログラム「反映画、映画する」を開催します。

http://i-a-f-t.net/iapk2020_vol5

拡張現実(AR)で見るショートムービー制作ワークショップ
俳優2名と共に拡張現実(AR)で見るショートムービーを2日間で制作し、設営、展示まで行います。
【参加俳優】出村弘美、樋口綾香
【講師】韓成南

2020年10月25日(日)~11/3(火祝)
拡張現実(AR)で見るショートムービー
神戸・元町商店街4丁目の協力店舗前で展示
料金: 無料

2020年10月31日(土)11:40-21:45
IAPK 2020 vol.5 映像上映プログラム「反映画、映画する」
アラン・バディウの反哲学は、従来の哲学の伝統や流れあるいは文脈といったものを断ち切りつつも、引用を超引用することで自身の思想活動をオリジナルなものとする。このような「反」という精神やモチベーションが、今回参加するいずれの作家にも通底すると考え、便宜上、3つのプログラムで構成する。

参加作家
飯村隆彦、Yellow Yellow、池添俊、UMMMI.、大木裕之、岡田裕子、神村恵、河合政之、キヨスヨネスク、窪田美樹、栗原みえ、櫻井篤史、朱雅珍、髙木駿一、高橋良太、竹内公太、ちびがっつ!、手塚夏子、中山晃子、ノックス・エレナ、韓成南、ヒグマ春夫、武藤勇、ヤスキチ、山田沙奈恵、山本篤、横山大介、和田昌弘

提供団体からのメッセージ

Interdisciplinary Art Project Kobe(インターディシプリナリー・アート・プロジェクト・コウベ)について
神戸で定期的にワークショップや映像上映会、パフォーマンス、レクチャーなどのイベントを開催し、Interdisciplinary Artという観点で、枠組みを超えたからこそ属しきれない、実験的で先鋭的なアートを紹介します。歴史を再考しながら、現代アートによるInterdisciplinary国際文化交流を行い、神戸らしさとは何かを探求します。
代表 韓成南

講師コンタクト

このページのトップに戻る