本文へジャンプ

現在の登録団体数

ただいまの登録団体数は・・・

511団体です。 

 個人会員358

新規会員登録

震災・災害関連情報

つなごう神戸リンク集

協賛・協力団体

日本政策金融公庫

Kifu KOBE

住友ゴム

ブランチ神戸学園都市

神輝興産

株式会社淡路島本舗

真如苑

講師検索

イベント・サービス詳細

情報登録日:2019/02/11 2:48:18 最終更新日:2019/02/11 3:33:46

タイトル 【3/9(土)】「医療的ケア児の切れ目のない子育て支援のために」講演会&報告会
団体名 NPO法人 そらしど
提供分野 福祉 保健・医療 子どもの健全育成

提供エリア

神戸市内 兵庫県
募集開始日 2019/02/11
募集締切日 2019/03/08
参加費用 無料
※本研究報告書作成及び報告会開催は、公益財団法人日本社会福祉弘済会様としみん基金KOBE様の助成金をいただいております。

プロジェクト詳細

●日時
2019年3月9日(土)13時30分?16時30分(13時開場)
●開催場所
兵庫県看護協会ハーモニーホール
神戸市中央区下山手通5丁目6ー24
●内容説明
「医療的ケア児の切れ目ない子育て支援のために
脇谷みどり氏講演会&ヒアリング調査研究報告会
~考えよう!私にできること!小さなことからキセキは起こる☆~」

<開催趣旨>
現在、進む医療に伴い、「医療的ケア(人工呼吸器、吸引、経管栄養等)が必要なお子さん」(以下医療的ケア児と表する)が増加しています。
医療的ケア児の子育ては、そのご家族の負担も大きく、福祉サービスもまだ十分といえる状況ではありません。しかもその状態も多様化しています。

全国的にも注目され、医療的ケア児が生活しやすいように体制が整い始めているところではありますが、まだ一般的には周知はされていないように思います。

昨年神戸市こども家庭局が医療的ケア児対象に初めてアンケート調査を実施されました。せっかくの機会なので、そこをさらに掘り下げたいと考え、神戸市在住の医療的ケア児のご家族16名の方に、生活全般の実態調査をヒアリング形式で実施しました。

その報告会と講演会を開催します。

ご講演いただきます脇谷みどり氏は、医療的ケア児の保護者であり、絵本作家でラジオパーソナリティでもあり、映画「キセキの葉書」のモデルでもあります。

保護者の立場からとご自身の様々な経験からのお話をしていただき、参加者それぞれがそれぞれの立場で何ができるか考える機会になれば幸いです。

障がいのある子ども達とその家族が安心して暮らせる社会は、誰にとっても安心して暮らせる社会だと思います。障害児、特に医療的ケア児が社会で暮らしていくには、医療・福祉・教育の連携はとても重要です。様々な立場の人と連携し、その報告会だけで終わるのではなく、次につながるきっかけの場になればと考えています。

多くの方のご参加をお待ちしております!

<プログラム>
13:00 受付開始
13:30 開会の挨拶・報告会
14:40 休憩
14:50 脇谷みどり氏講演
15:50 ディスカッション
16:20 閉会の挨拶
16:30 終了

<後援>
神戸市、神戸市教育委員会、兵庫県
社会福祉法人神戸市社会福祉協議会
一般社団法人神戸市医師会、公益社団法人兵庫県看護協会
一般社団法人兵庫県助産師会

提供団体からのメッセージ

NPO法人そらしどは、知的障害、発達障害、身体障害等をもつ子どもの母親で、2016年7月に設立いたしました。
「どこにどんな子が生まれても愛され受けとめられ
必要な支援が受けられる社会へ」向けて私達ができることを模索しながら、活動しています。
Facebookページ https://www.facebook.com/nposorasido/
URL http://infosorasido.wix.com/nposorasido 

講師コンタクト

このページのトップに戻る