本文へジャンプ

現在の登録団体数

ただいまの登録団体数は・・・

503団体です。 

 個人会員342

新規会員登録

震災・災害関連情報

つなごう神戸リンク集

協賛・協力団体

日本政策金融公庫

Kifu KOBE

住友ゴム

ブランチ神戸学園都市

神輝興産

株式会社淡路島本舗

講師検索

イベント・サービス詳細

情報登録日:2018/10/02 10:52:13 最終更新日:2018/10/02 10:52:13

避難所での黒田さん

タイトル 黒田裕子賞が決定しました
団体名 認定NPO法人 しみん基金・こうべ
提供分野 NPO等への支援

提供エリア

兵庫県
募集開始日 2018/10/02
募集締切日 2018/10/23
参加費用

プロジェクト詳細

昨年創設した「黒田裕子賞」は、今年度第2回「黒田裕子賞」として、
酒井明子さんに決定いたしました。

贈呈式は、下記の通り10月23日(火)のしみん基金・こうべ公開審査会において実施いたします。

贈呈式
◆日 時:2018年10月23日(火)13:00から17:30ごろまでの審査会内の16時ごろ
     
 ◆場 所:神戸市青少年会館 レクリエーションホール
      神戸市中央区雲井通5丁目1番2号(勤労会館5F)

酒井明子さん:
福井大学医学部看護学科臨床看護学講座災害看護学・教授 副医学部長
福井大学大学院修士課程修了
阪神・淡路大震災後、東海集中豪雨、新潟豪雨、
福井豪雨、新潟県中越地震、新潟県中越沖地震、
能登半島地震東日本大震災、熊本地震、
平成30年7月豪雨で医療ボランティアを実施。
著書に「災害看護の本質 語り継ぐ黒田裕子の実践と思想 柳田邦男 酒井明子編著」

黒田裕子賞創設の経緯

平成26年9月に当基金前理事長の黒田裕子さんが逝去され、
その年の12月に神戸で「黒田裕子さんを偲ぶ会(以下「偲ぶ会」)が
開催されました。そこでは600人を超える人々とともに
黒田裕子さんとの別れを惜しみました。
その折多くの皆様からお預かりしたご厚志からこの日の開催経費を引いたところ、
約150万円の残金が発生しました。

その後「偲ぶ会」実行委員会では、この残金の扱いについて協議され、
市民のために使って頂くことが望ましいという結論になり、
平成28年2月に当基金にご寄付いただきましたので、
黒田裕子さんの意思を引き継ぎ、その実績や功績に見合った活動を
行っている団体又は個人を「黒田裕子賞」として毎年1団体(or個人)を
表彰することになりました。

提供団体からのメッセージ

「しみん基金・KOBE」は大震災をきっかけに設立したコミュニティ・ファンドで、被災地を中心に活動する草の根市民活動に対する支援を通じて、震災に学んだ「市民主役の市民社会形成」を目指すべく市民活動に助成を行い、またその為の募金活動、関連の講演会・イベントetc.を企画運営しています。

講師コンタクト

このページのトップに戻る